Today's IIKE KAKUN

Eroge&Kakuge Blog _| ̄|○

コンボの安定性について

「いやぁ、コンボ落としてなかったら勝ててたのにー」

「コンボ選択間違えたなぁ」

なんてことで接戦を落とす経験は格ゲーやってると誰しも経験するはずです。

 

立ち回りは勿論重要ですが、

どれだけ極めたプレイヤーでも

やっぱり絡んでくる読み合いに100%はないのです。

そこで大事なのがコンボです。

コンボとはつまり確実なダメージ源。

このコンボが完走できれば

相手がどんなボタンを押そうが、超能力を使おうが、◯◯ダメージは確実に奪えますよ〜ってことですね。

限りある体力を時間内に奪うのが格ゲーですから、確実に奪えるダメージはとっっても重要なわけです。

だからコンボを練習するわけですね。

格ゲーは人対人なので、面白いことに

体力不利だと焦ったりします。

キャラがダメージ貰ってると自分も同じくらい疲弊していくのです。

一心同体とはこのことですね。

コンボで確実にダメージを取っていけば読み合いの回数(運の要素)も減ります。

コンボに運は絡みませんからね。

運の要素を削っていくことこそ、格ゲーが上手くなる近道とも言えるでしょう。

 

さてさて、コンボコンボと言いますが、

高ダメージのコンボは難しいのはどのゲームでも同じなのです。

DOAはそこまでコンボが難しいゲームではありませんが(難しいコマンドのキャラもいます)、高ダメージコンボに行くにはcritical攻撃を重ねて重ねて、浮かせなくてはいけません。

DOAは基本どこでも割り混んでホールという当たれば切り返せる防御手段があります。

その読み合いを掻い潜ってようやく高ダメージコンボにいけるのです。

 

鉄拳だとコンボ始動技がありますね。

しかしこれらは共通してる特徴として

リスクがあるということです。

ノーリスクで高ダメージ取れるほど甘くはありません。

コンボをスタートするにも読み合いになってくるわけですねぇ。

 

 

むむむ、、、難しい。

と思うかもしれませんが、簡単に考えれば当たり前のことですよね。

ローリスクローリターン

ハイリスクハイリターン

全てこれだけです。(例外もあります)

 

さて、本題に入りましょう。

読み合いに勝って、

コンボ始動技がヒット!!

後は君がきちんとコマンド入力できれば高ダメージが取れますよ!

しかし、君は難しいコンボを選択。

結果ミスってしまい貴重なコンボを捨ててしまった。

そして、それが引っ張り負け。

あらあら、これは悔しい。

家帰ってコンボ練習だなぁ。

と、まぁこんな感じで

コンボをミスってしまうパターン。

よくあると思います。

トレモで安定しても実践だとミスるなんてことはよくあります。

プロでも大会でよくミスってますよね。

それほどまでにコンボとはコンディションに左右されてしまうのです。

 

うぬぬぬ...コンボは読み合いが発生しない聖域だと言ったはずでは...

 

これもまた人が操作していること。

ミスって当然なんですよね。

ミスる場合は上にも述べた体力不利であったり、突拍子の状況であったり色々ありますが、やっぱりミスって起きるんですよ。

ここで言えるのは

じゃあ、コンボ簡単なキャラにしようや

ってことなんですよね。

そうなんですよねぇ。

どんだけ上手い人でも難しいコンボは安定しないんですよ。特に大会では!!

 

裏付けとしては大会で三島キャラは少ないとかね。

これが大会上位に来るのは割りかし簡単操作のキャラなんですよ。

面白い傾向ですよね。

手癖で安定すること、自分の手と足のように動かせるキャラこそ、強いのでしょうね。

難しいキャラはその領域に行くのが難しいんですよねぇ

うーん、悩ましいねぇ

安定を取るか否か。。。うーん