今日も井伊家家訓!

DOA5初心者の直虎使いによる戯言

直虎解説2

f:id:seemore1919:20170520194847j:plain

直虎は忍者たちのように優秀な技がそこまでありません。

Pが11fなので重量級のような開幕を強いられます。

10fのP持ちのキャラ(ほとんど)には守勢にならざるを得ません。

そういった点で、直虎はフレーム戦は弱いと考えてもらって構いません。

暴れられると厳しいです。そうならない為にも、有利fを取れる技を覚えていきましょう。

 

・K

直虎の代名詞11fの上段K。

豊富な派生を持ち、当たればCritical。

これを当てるところからスタートする。

ひとまず、KKまでで止めてみましょう。

そこからCriticalを継続していきましょう。

ぶっちゃけPよりはKのがダメ大きいんで基本はこっち。PじゃCriticalも取れないですしね。

追尾つきなのでSSは容赦なく刈れる。

これは直虎の強み。

ガードされるならちょっと出し続けてみましょう。

取られればそれまでですが、結局投げ確なんで出し切るのもアリです。

KK6KKにいって、中Kガードブレイクにいくのもありです。

基本Kの派生が多いので、ガードで固まることが殆どです。そういう場合は、逆に投げてやりましょう。

 

・6K

16f中段K。直虎の生命線。これを当てて択をかける。

安定なら6K4Kで浮かせにいくのもあり。

カウンターで最大空中コンボが入る。

美味しいからカウンターヒット確認したらコンボを変えてみよう。

 

・4K

最速の中K12f。割り込むなら基本これ。

それくらい優秀だし、安定感ある。

4K4Kで中K中K背向けとなる。

4K2Kで中K下K背向けとなる。

直虎の背向け移行はこれと6PK4K 、6PK2K、9K 9Kくらいしかない。 

背向けになってからはP上段、K上段が本命のCritical継続の択。

ここが一番読まれやすいから気をつける。

2Pで下段P。回復しなけりゃ6Pで継続できるが、まぁ難しい。有利を取ってることに変わりはないので、強気に技を振っていこう。

ここで相手が暴れるようならジャンジャン振っていこう。 

2Kで下段K。遅いのでタイミングをズラして、有利を取ればダブルアップが始まる。2Pと使い分けていこう。

4Pで中段Pの浮かせ技。こっからの空中コンボは6K4K4K4KでOK。浮きが低いのでカウンターヒット以外の場合は間違ってもK6Kとかは打たないようにしよう。

4Kで中Kの前転蹴り。バウンド技。

こっから6K4Kで拾い直したり、9K9Kが入る。択の一つとして考えればOK。

このように4Kからざまざまな択を迫れる。

 

・6P

中P。前に突っ込むパンチ。こっから4K、2Kに移行できる。

これも重要な直虎の技。

基本、有利とったあとに振ると距離があるので継続できる。

 

・8K

上段K。浮かせ技。結構範囲がある。

中距離でスカ確を狙いにいこう。

8KKで踵落とししてもいいが、基本はこっから空中コンボにいこう。

 

・P

すっごく遅い上段P。11fという重量級レベル。腕立て伏せしろってレベルで遅いし威力もない。

しかし、PPPで上段上段中段Pと派生がある。

Critical取ってるなら最後の中Pで浮く。

というかこれは66Pと同じ技。

うっかりガード解いた奴に痛い技。

しかし、これではガード安定。

そうならない為に、PP2K2Kと下段派生がある。

安いが初見じゃこれは殆ど取れない。

PPPとの択を迫ろう。しゃがんでれば中Pがクリーンヒットする。

 

・3P

アッパーの中P。ノーマルならCritical取れないが、継続に使うと+32の技に化ける。

ただ、遅いから出すなら最速でないとガードが間に合ってしまう。一応上段を潜るらしいが、ボクは信用していない。

 

・8P

チョップ中段P。継続の中Pの択に。

当てて有利+23くらい。

早いし、ガードされても投げ確じゃない。

3Pはガードされると大きく不利。

速さも違うので、最速の中Pの択に使おう。

 

・4P

回転パンチの上段P。Critical中にこれを当てると相手は崩れて+53くらいの非常に美味しいよろけが取れる。

これさえ当てれば相手のホールドをじっくり見れるし、遅らせバーストも可能。

しかし、直虎の継続は上段を待たれていることがあるので気をつけたい。

通しておきたい本命の技の一つ。

 

・236K

中K。所謂スパイラルアロー。高速で突進していく。連ガ判定なんで初段当てればこっちのもん。しかし、ガードされて不利。

しかし、派生にKある。これが中Kで。投げようとしたり割り込もうとした奴にCriticalヒットする。固まったり、中Kホールドしてくるようなら投げてやろう。

 

・9P

ジャンプ。前にジャンプする。

ここから9PKで上段K。

9P2Kで中段Kがでる。

9P2Kの方は起き攻めの技として優秀で、ガードされて+3有利。

当たれば9K9Kや6K4Kでコンボにいける。

起き攻めとしては9Pで裏に回ることもできる。

これでスカった起き上がり蹴りの背後から攻撃できる。

 

・H+K

飛び膝蹴り中K浮かし。壁ヒットする。

中距離からも狙っていきたい技。

 

・6H+K

KKと押して派生がでる。

上段下段中段Kと流れるように三連蹴りが出る。

非常に早く、基本下段Kは反応してこれない。

しかし取れる人は最後の中Kを完全にホールドしてくる。

そういう場合は下段で止めてみよう。

4Kで継続ができるが中K待ちにはどっちみち取られる可能性があるので気をつけたい。

しかし、有利を取ってることに変わりはないので、太い択を押し付けよう。

 

・2P

下段P。割り込みに使ってみよう。

ノーマルで0f有利。つまり五分。

得意の距離に持っていこう。

 

・2K

下段K。カウンターや、Critical継続中に当てると相手は尻もちをつく。

例えばKK2Kとかで6Pが継続として入る。

カウンターで当てれば6Pで継続してみよう。

 

・P+K

PB技。中Pの突進するショルダータックル。

おかしいくらいこの技もリーチがある。

それも潜って突進していくので、かなり当たる。

溜めてガードされても有利が取れる。

思わぬ距離で置いておけば、相手も油断してもらってくれる。

直虎はバースト後はPLのが安定してダメを取れるのでPBはこういった使い方をしたほうがオススメ。

 

ざっとこんなものかな?

コンボは次の記事に書きます。

ではでは。