Today's IIKE KAKUN

Eroge&Kakuge Blog _| ̄|○

8 eroges a Week 報告 3日目

サイミンアプリ。クリアしました。

 

うーん、非常に感想に困る作品だった。

 

まず、NTR好きにはちとオススメできない。

それはサイミンアプリという便利アプリによって引き起こされるから。

一応、SEXやら落ちることを強制させる効力はない、という設定。

これはあくまでサイミンだけでコロッと落とすんじゃないですーという意味合いなのだが、応用が効きまくりであんまり説得力がなかった。

落ちる過程は差異はある。

ただ単純にサイミンアプリでキッカケを作られ、積み重ねで快楽堕ちというのもあれば、元々エッチに興味ありで、ヤってる現場を目撃してから徐々に募らせていって〜という変化球もある。

主人公はアプリの悪用を阻止するべく立ち上がるが、どうもこのゲーム。

やったもん勝ちのところがあって、難しい。

ヒロイン達からの元々の好感度の高さを徐々に削られていくチキンレースというのだろうか。

目を離した隙に〜ってパターンが多いのもちょっと引っかかる。

特にこれといった焦燥感もなく、

精液ぶっかけられてもヒロインは大して落ち込まないし(そりゃサイミンだもん)

、記憶も残ってなかったり。

サイミンアプリのプレイヤーはゲーム内容を話しちゃいけない制約が足を引っ張り過ぎてた感は否めない。

全裸(また催眠されてたのね)全裸

 

不良A「ウッヒョーたまんねー」

ヒロイン「やめなさい!どうしてこんな酷いことするのー!」

不良A「だってあんなた全裸で走り回ってたじゃん」

ヒロイン「そっ、それはぁ!!」

 

ギャグかな?

 

いまいちNTRとしての味わいを感じれなかったのは残念。

あとシーンが短い。

アッサリしすぎ。

絵はいいので絵が好きならアリ。

うーんこのパターンはダメだな

面白くないと感じるとヤル気が失せるのは。

次はもっと内容のあるゲームにします。

 

 

DOA5LR 導入〜勝つまで

そろそろひと段落つきたいのと

最近、執筆活動とゲーム制作の企画を練るのに忙しいので、ここにひとつ直虎ブログのまとめを書きたいと思います。

DOAを始めてそろそろ半年。

上手いプレイヤーに揉まれた上で身に付いた知識と戦略を適当に記し、小休止とします。

これからDOAをやる人の手引きになれば良いかと。

 

1、まずは無料版をDLしよう!!

PSストアからDOAって調べて無料版をDLしようね!

紛らわしい水着のねーちゃんのパッケージは廃人の為の作業ゲーだから注意してね!

 

2、無料版のキャラを触ってみよう。

忍者の兄ちゃんでもいいけど、まぁ気に入ったキャラを選ぼう!

 

3、コンボ練習として触った感じを確かめてみよう!

DOAのキャラはみんな強いから

特にキャラパワーで悩まなくてOK

 

4、ちょっとメニューから三角ボタンを押そう

PSストアのページが開くよ!

ここでまずは無料のカタログを全部DLしよう。

対戦時にコスが見れるよ。

 

5、シコるの飽きたしコンボ難しい

井伊直虎をDLをしよう!

お手軽キャラでコンボが苦手でも簡単なキャラになってます!

 

 

6、直虎戦略ガチ

ここからは危険な領域。

直虎で勝てなくなってきた人向け。

お手軽だけどキャラ性能クソじゃん!と言いつつも使い続けるマゾ向け。

だから、大変危険。

でも、習得は簡単なので安心して。

余裕でAくらいなら1週間かからずに上がれるよ。

 

7、井伊直虎というキャラ

最速上段P上段Kが11fという重量級並の軽量級キャラ。

なので開幕から色々考えないといけない中遠距離ファイター。

近距離が滅法弱いのと派生がワンパで読まれやすい弱点を持つが

技のリーチが長い強みがある。

以下、戦略をまとめる。

 

・基本は中遠距離をうろうろ。

近距離のフレーム戦は弱いので、無理に近距離で戦っても負けるだけ。

OHとか潜る優秀な技もないので、近距離戦は避ける。

8Kの届く位置を測って、先端をコツンと当てる感覚を身につければ

もう免許皆伝。これができるともうほかのことは別にいらないレベル。

ただ、なかなか難しいので慣れが必要。

6Kのリーチは有名なので、知ってる人は中Kホールドを置いているので注意。

リーチがあるといっても、中Kだけってフザケンナ!!

まぁ、その為にも8Kの距離感は大切。投げ確だけど派生あるから少し安心できる。

 

・コンボは簡単!数も少ない!

即浮かしならK6KK、KK6KKが安定。重量級ならこれだけでいい。

簡単でしょう?

お次は最大よろけからの浮かせ、或いはバースト後。

これはもっと簡単でKを連打するだけでいい。これだけで100以上のダメがでる。

ただし途中で壁ヒットすると安くなるので、その場合は6P4K6P4K4Kで安定。

壁もないし、ダメ重視なら6K4KK6KK がいい。

 

・起き攻めも狙っていく

コンボを走って、近距離で相手はダウン。ここで逃げてもいいが

プレッシャーをかけるなら起き攻めをしよう!

・9P2K

ジャンプして踵落としする技。相手の起き上がりに重ねる。

ガードされて有利という技。相手が下段起き蹴りをしててもジャンステで拒否れる強みもあり、ガードさしても直虎有利で攻めを継続できる。

ただ、タイミングに慣れがいるのと中段起き蹴りには効かないということ。

・9P 

ジャンプ。 は?なにが起き攻めだよって言うかもしれないが、

これで背後に回れる。

背後からならガードもホールドもされないので、かなり有利。

ただ起きるタイミングをズラされたりする危険もあるので相手を見よう。

・6H+K

上中下の三段蹴り。

最後の中Kは知ってる人は取ってくる。その場合は二段止、投げでお仕置き。

ただ、起き攻めの場合はちょっと違っていて、

相手が起きにSSしてたり、暴れているとカウンターで当たります。

追尾持ちっていうのと、単にこっち有利で技振ってるっていうのもあります。

カウンターで当たると浮くので3段確定で入ります。

壁ヒットもするので美味しい技です。

起き蹴りには弱いので相手が起き上がった瞬間に重ねるのがベスト。

 

・近距離戦は4Kを信じよ

直虎の4Kは12fの中段で、そこそこ速いしダメもあって派生もある。

差し込む技なら基本これ。

4K4K、4K2Kと中下段に迫れるのも強み。

背向けからは中P、中K、下段、上段、投げと択を迫れる。

浮かせたいなら4Pの浮かせでいいし、継続するなら上段

有利とって攻めたいなら下段とここは読み合いポイント。

注意すべきは4K派生はみんなガードで投げ確ということ。

知ってる相手は絶対取ってくるので気をつけること。

差し込みに関しては中Kばかりだと読まれるので、上段Kも混ぜよう。

 

・6KとKを信用しすぎない

取れない相手には一生振り続けて脳死で殺しきれる直虎だが

知ってるとすぐに手詰まりになる。

そういうときは投げを混ぜるといい。

直虎の投げはそこそこダメを取れるのでリターンとしては大きい。

KK二発止め→投げとか。6KK→投げとか。

相手がホールドしてるだろうというタイミングを読むことも重要になってくる。

あと、Kは三発目に下Pで割り込まれる危険もあるので過信しないこと。

 

・PBよりPL

直虎は井伊家家訓の専用PLコンボがある。

PBより減るのでこっちがオススメ。

P+Kバースト→7H+K溜め4で井伊家家訓→落ちてきた相手に合わせてK

これでOK。

ただ、PBはこれはこれでリーチある突進技なので、重ねるように

置いておくと案外当たったりします。ガードさせて有利ですしね。

 

・多少のホールドは気にするな、投げで読み合いに

直虎はホールドが取られやすいキャラなので 手癖が読まれると一生負ける。

なので、ホールド取られたタイミングには投げでお仕置きをしないと

一生ダメージレースで負けて、読み合いにならない。

逆に、投げが通らなくなってくるとこっちのターン。

派生が読まれやすいところを逆に突くという戦法が大事。

 

・Pは使える。

Pは継続で当てると美味しいよろけが取れる。

これ当てておいて様子見してホールドを見れる強みがある。

蹴りキャラの癖に4PといいなんでP系のよろけのがデカいんだろ

 

 

他にも継続2Kとか、2H+Kで牽制したりあるけど

ぶっちゃけ慣れないと使い勝手が悪いので割愛

どっちも有利取れて、相手がちょっと尻込みするかも?ってだけなんで。

 

まぁこんな感じで書いたけど、役立つのかなぁ。

初心者にはとにかくオススメなキャラで、使い手も少ないので

わからん殺しもできて色々と罪作りなキャラ。

ここに書いてある内容をちょろっと覚えるだけでそこそこ勝てるのは事実。

ただ、上に行くと性能で泣くかも?

 

とまぁ、これで直虎とDOAに関しては一段落つけるとします。

今度からは、エロゲ講座でもします。

当分、DOAは引退かなぁ…

6が出たら帰ってきます(直虎はいないだろうけど)

8 Eroges A Week 開始 1日目

さぁ 始まります。

『8 Eroge A Week』

あの印象的なフェードインしてくるイントロをBGMに始動するこの企画。

内容はいたってシンプル。

エロゲやりまくろうぜってもの。

 学生時代から文学、音楽、映画、そしてエロゲがなにより好きだった。

ただ、エロゲはいかんせんプレイに時間がかかるし、値段も高い…。

しかし、お金を少しばかし稼げる今になっては関係ない!

それに過去の名作が安い値段で買える良い時代にもなった!

んじゃ、もうエロゲやるしかないじゃん!

ということで、やりますエロゲ。それも毎日。

 

 

・タイトルは語呂合わせなので実際は一週間に二本。

・だいたい三日に一本消化して一日感想日。

・エロゲの一本の平均コンプ時間が三十時間程度なので一日一〇時間で計算。

・攻略サイトの使用、スキップはOK

・全√をコンプすること。

・途中で絶対に投げない。

・真面目に解説と感想を書く。

以上

 

たぶん三日坊主にならないはず。たぶん……。

記念すべき一本目はこれ

『サイミンアプリ−悪魔の寝取られゲーム−』(スタジオ奪)

f:id:seemore1919:20170910210758j:plain

 

まずは、軽いジャブということでNTRゲーを行ってみます。

 

うぅ〜あ〜に〜じょ〜ら〜ゔぃん〜♪

www.youtube.com

 

【映画感想】ベイビードライバー

昨日 難波ステーションシネマで

エドガーライト監督『ベイビードライバー』を見て来ました。

率直に感想を述べると、面白かった。

エドガーライト監督作品は過去に何作か見ていて、どれも好き。

決してシナリオが凝ってるわけでも、

芸術的な技法があるわけでもないんだけど、

良心的なギャグと音楽、映画に対する愛を感じられるのが凄く良い。

見ていて、「あーこの音楽好きなんだろうなーわかるわー、あーこの映画好きなんだなぁわかるわかる」

といった愛を詰め込んでいる。

映画ファンってちょっと捻くれ者が多いイメージがどうしてもあると思う。

実際、自分自身もそうだと思う。

だけど

「好きなものは好き、何が悪い?」って自己表現を押し出すことって素晴らしいことじゃないかな?

ただ世の中にはパクリとリスペクト、オマージュの境界線が曖昧で、何かとパクリだの非難されて苦しいのが実情。

しかし、エドガーライト監督やタランティーノ監督がパクリって言われないのは何故だと思いますか?

それこそまさに元ネタに対する愛なんですよ。

カッコつけて、元ネタを隠して さも自分がオリジナルだって言い張ったり、影響は受けてないと頑なに譲らない奴らは

ダサいんです。愛がないんです。

全ての創作物にはルーツがあるものだから....。

 

さて、ベイビードライバーの詳しいストーリーの解説は他の映画サイトの方が丁寧だと思うんで、そちらに譲るとして、

個人的気になったところを少し述べたいと思います。

 

ネタバレ若干注意。

 

・主人公は幼少時の事故のせいで耳鳴りがするようになってしまった。故にいつも爆音で音楽を聞いている。

→耳鳴り持ちなのに日常生活においてあまり不便そうに見えない。

一応、重要なファクターとして使われてはいるが、主人公が苦悩してる雰囲気が感じられないのが残念だった。

 

ケヴィン・スペイシーが黒幕そうに見えて良い奴だった。

裏をかいたケヴィン・スペイシー起用なんだろうし、面白いと思うが、

借金を返済させた主人公の前に現れて仕事強要したり

色々クソ野郎なのに最後は心変わりしたように良い奴に収まった 。

ちょっと動機づけが薄かったとは見てて思う。

 

 

 他もちょっとばかし引っかかるところはあるが、全体的に見りゃOKな作風だし

 端役にかのポール・ウィリアムズを起用してたり

 なかなか映画ファンにはニッコリな作品だったのは事実だからオールオッケー。

 気にするようなところじゃないし、評価を下げる要因にもならない。

 

 

特に嬉しいのは音楽だよね。

ロック系はだいたいわかったかなぁって印象。R&Bは造詣が深くないためさっぱり。

ダムドをチョイスするあたりは流石イギリス人って感じじゃないかなってなんとなく思ってみたりね。

一方、お母さんとの思い出の曲にフェイス・ノー・モアのイージーが使われてるのも嬉しい。

チョイスがマイナー過ぎずメジャー過ぎない絶妙なチョイス。

「おっ、この曲知ってるかぁ、うんうん名曲だよねぇわかってるぅー」って

つい劇場で頷いてしまった。

合ってるかわかんないけど、郵便局に強盗に入るときの音楽って

ブラーの2nd ケミカルワールド〜サンデーサンデーの間の繋ぎの曲だよね。

ちょっとばかし、通すぎないか?

ブラーのファンだから一発でわかったけど、まさか過ぎて驚いたね。

 

なんにせよ、音楽も語れるのが嬉しいよね。

映画も良かったし、音楽もいい。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

(アウトロの部分。ちなみにアルバムだとこの次の曲がサンデーサンデー。上記のFaith No More『Easy』の一節には「I'm easy like Sunday morning」とある。劇中の使い方からも意識してる気がしないでもない」)

 

 

 

仕事辞めます

格ゲーの話じゃないです。スイマセン。

 

タイトル通りの話をしたいと思います。

 

自分はそこそこの大学を出て、淡い夢を抱いて、それを追っかけようとするも

寸前でとどまって就職したパターンでした。

 

夢の内容はさておき仕事についてです。

ぶっちゃけどんな仕事でも良かったんですよ。

親 の視線ってのだけがどうしてもあったので仕方なくです。

結局中小の印刷会社に入ったわけですが、それでも親は喜んでくれました。

自分としては申し訳ない気持ちもありましたが、親は違ったんですね。

良かった!良かった!って…良い親ですよ本当に。

 

割り切って金さえ貰えればいいだろうと、夢はともかく趣味くらいは

できれば精神衛生上なんとか仕事は続けられると思っていました。

 

これが違ったんですね。

甘かった。自分のメンタルを過信しすぎていました。

 

5月までは驚くことにやる気に満ちていたんです。

入社前は適当に〜って考えだったのに仕事に触れてみて

「ちょっくら頑張ろうかな」って前向きに頑張ってはいました。

早く仕事覚えて営業マンとして一人前になろうってね。

だけど、打ちのめされた。

細かいミスが生まれては反省文。またミスが生まれて反省文…。

上司には常に怒られっぱなしでしたね。

そこで「なにくそ!!」と湧き立っていた時期もあったんですが、

また追い打ちをかけるようにミスが重なってきて、ついには打ち砕かれたわけです。

サーッと情熱が引いていきました。

ここで割り切って適当に流してやろうって考えができると思ってはいたのですが、

もう手遅れで、変に真面目なスイッチが入ってしまった為に反動が大きく

「もう駄目だ…」と自信が砕かれてしまったわけです。

格ゲーが好きで、趣味としてなんとかストレス解消の術としてやってはいました。

それも最初の数ヶ月の間で、もうここ最近は真面目にやってはいないです。

加えて引っ越しをしたため、環境がPocket WiFiになったんです。

これじゃまともにゲームもできない。

ゲームも出来ないとなると崩れるのは明らかで、ストレス発散の場がなくなってしまっため、家に帰るとただボケーッとして過ごすだけに、休日もそう。

仕事の責任も増えて、注意力も低下して同じミスを繰り返すようになってしまった。

そうなるともうおしまいで、心のダムが決壊してしまいました。

人間ってこんなにも弱いんだなって思えるくらいに、気分が落ち込み、

全てをネガティブに捉えてしまう。

もっとメンタルは強い方だと思っていたんだけどなぁ……笑

 

ネガティブになると、悪いところばかり見えてくるんですよね。

印刷業界ってのははっきり言えば斜陽産業です。

飛び込み営業してるとわかりますが、どこにも印刷物なんてないです。

それに印刷っていう業界は薄利多売なんですね。

あなたが使っているコピー用紙にしても安いものです。

100円で売るものを98円で仕入れているような仕組みなんですよ。

そして紙を作っているメーカーも不況なので値上げします。

そうなると印刷する側は非常に苦しくなる。

薄利多売のシステムにおいて1円の値上がりですら、死活問題になるのです。

それでは世間はどこで紙製品を買っているのかとなると、

そこらのお店やAmazonASKULといったネット販売になるのです。

現状を正直に話すとAmazonASKULの方が断然安いです。

規模がそもそも違いますからね。大量に仕入れているわけですから。

ポチッと注文すれば無料で翌日配達です。

一方、こっちは見積もり貰って、配送代や利益を営業マンの裁量で計算して

お客様に提出して、OKなら取引条件(現金なのか振込なのか手形なのかなど)決めて

印刷をして、梱包して配送するという流れです。

どうしても勝てないんですよ。とにかく遅いですからね。翌日配達とか不可能です。

そもそもの問題は上にも書きましたが、薄利多売という点です。

値段なんて大して変わんないんですよ。紙なんて。

だから、いちいち営業に来られても「ちょっと安いけど、面倒だし…」

ってパターンが多いんですよね。

そりゃそうですもん。自分だってAmazonASKULでポチった方が

安いし早いし楽だしで、なにも不満がないです。

社長は偉そうに「仕事あるとこ行って儲けてこい!」とは言いますが、もはやそれが

一種の思い込みの病気じゃないかって感じるくらいには見えてきてしまうのです。

営業利益も去年対比で60%とかです。うん千万円の話の赤字ですよ。

新人ながらに「このままで大丈夫か?」って思うわけです。

仕事が辛いながらも、安定しているところであれば、惰性でも続けられるかもしれません。

決して会社の将来の不安だけを言い訳にしたくはないですが、それも大きな不安要素して精神を蝕んでいったのも事実です。

 

退職の意思はもう固まっていますが、ここでもまたネガティブな思考が悪さをします。

人間関係です。

周囲の人たちは厳しいことも言いますが、そこまで悪い人ばかりではなかったんです。

だからこそ、退職という甘えともいえる行為に対する罪悪感が重い。

わざわざ教育してもらっていたわけですからね。

そこで「はい、辞めます」ってのは裏切り行為といってもいいです。

恩を仇で返すわけですから。

家族に対してもです。

ごめんない。弱くて、甘くて、次はもっと強くなります。…そう言えればいいんですけどね。

 

仕事を舐めていましたね。

頑張って見返してやる!って負けん気を好きでもない仕事に持てるほど

自分含め今時の若者は情熱がないのだと思います。

どこで間違ったんですかね……それかそもそも間違っているのかわかんないですけど。

 

世にいう、最低3年は勤めろ!根気を持て!仕事を好きになれ!もしくは割り切って頑張れ!という風潮は自分には出来なかっただけです。それだけです。

コンボの安定性について

「いやぁ、コンボ落としてなかったら勝ててたのにー」

「コンボ選択間違えたなぁ」

なんてことで接戦を落とす経験は格ゲーやってると誰しも経験するはずです。

 

立ち回りは勿論重要ですが、

どれだけ極めたプレイヤーでも

やっぱり絡んでくる読み合いに100%はないのです。

そこで大事なのがコンボです。

コンボとはつまり確実なダメージ源。

このコンボが完走できれば

相手がどんなボタンを押そうが、超能力を使おうが、◯◯ダメージは確実に奪えますよ〜ってことですね。

限りある体力を時間内に奪うのが格ゲーですから、確実に奪えるダメージはとっっても重要なわけです。

だからコンボを練習するわけですね。

格ゲーは人対人なので、面白いことに

体力不利だと焦ったりします。

キャラがダメージ貰ってると自分も同じくらい疲弊していくのです。

一心同体とはこのことですね。

コンボで確実にダメージを取っていけば読み合いの回数(運の要素)も減ります。

コンボに運は絡みませんからね。

運の要素を削っていくことこそ、格ゲーが上手くなる近道とも言えるでしょう。

 

さてさて、コンボコンボと言いますが、

高ダメージのコンボは難しいのはどのゲームでも同じなのです。

DOAはそこまでコンボが難しいゲームではありませんが(難しいコマンドのキャラもいます)、高ダメージコンボに行くにはcritical攻撃を重ねて重ねて、浮かせなくてはいけません。

DOAは基本どこでも割り混んでホールという当たれば切り返せる防御手段があります。

その読み合いを掻い潜ってようやく高ダメージコンボにいけるのです。

 

鉄拳だとコンボ始動技がありますね。

しかしこれらは共通してる特徴として

リスクがあるということです。

ノーリスクで高ダメージ取れるほど甘くはありません。

コンボをスタートするにも読み合いになってくるわけですねぇ。

 

 

むむむ、、、難しい。

と思うかもしれませんが、簡単に考えれば当たり前のことですよね。

ローリスクローリターン

ハイリスクハイリターン

全てこれだけです。(例外もあります)

 

さて、本題に入りましょう。

読み合いに勝って、

コンボ始動技がヒット!!

後は君がきちんとコマンド入力できれば高ダメージが取れますよ!

しかし、君は難しいコンボを選択。

結果ミスってしまい貴重なコンボを捨ててしまった。

そして、それが引っ張り負け。

あらあら、これは悔しい。

家帰ってコンボ練習だなぁ。

と、まぁこんな感じで

コンボをミスってしまうパターン。

よくあると思います。

トレモで安定しても実践だとミスるなんてことはよくあります。

プロでも大会でよくミスってますよね。

それほどまでにコンボとはコンディションに左右されてしまうのです。

 

うぬぬぬ...コンボは読み合いが発生しない聖域だと言ったはずでは...

 

これもまた人が操作していること。

ミスって当然なんですよね。

ミスる場合は上にも述べた体力不利であったり、突拍子の状況であったり色々ありますが、やっぱりミスって起きるんですよ。

ここで言えるのは

じゃあ、コンボ簡単なキャラにしようや

ってことなんですよね。

そうなんですよねぇ。

どんだけ上手い人でも難しいコンボは安定しないんですよ。特に大会では!!

 

裏付けとしては大会で三島キャラは少ないとかね。

これが大会上位に来るのは割りかし簡単操作のキャラなんですよ。

面白い傾向ですよね。

手癖で安定すること、自分の手と足のように動かせるキャラこそ、強いのでしょうね。

難しいキャラはその領域に行くのが難しいんですよねぇ

うーん、悩ましいねぇ

安定を取るか否か。。。うーん

 

 

 

 

 

 

 

格ゲーはじめて5ヶ月...

格ゲーをしっかり初めて初めて5ヶ月。

だいぶ経ったなぁって思います。

小学生の頃 マブカプやってたり、鉄拳3をやってた記憶はあるが、そこまで入れ込まなかった。

スマブラだけはそこそこやったけど、あくまでエンジョイ勢としてだった。

しっかしまぁ、不思議なもんで格ゲーをやりだすとドッとハマってしまったんですねぇ。

まだまだ上手くはないですけど。

DOAから始めたのは正解だったんでしょう。

エロいし、簡単だしって初心者にはもってこいの格ゲーでした。

 

 

こんなどうしようもないブログをやるきっかけは、ひとえに格ゲーをやめないためなんですよね。

趣味っていつでも辞めれるから怖いんですよ。

ちょっとでも飽きれば、ちょっとでも他のことにうつつを抜かしていれば、

プツンと糸が切れたように興味が失せてしまうのです。

 

今はクソラグ回線になってしまい、もう必死にオンラインに潜れない息苦しさがあるんですが......

 

現状報告としましては

今はちょっとずつ鉄拳してます。

キャラはニーナです。

理由はルックスが1、2、3位を独占し、4位にコンボの難しさってのがあります。

やっぱり格ゲーたるもの多少のコマテクは欲しいなぁってそろそろ思うわけですよ。

毎日オフでゆっくり練習していこうと思います。

DOAはちょっとお休みしてます。

そろそろESLも出ようかと思ってる矢先にいまのような環境になってしまいましたので、、、むむむ無念。

もっと対戦会でもあれば良いのですがねぇ。。。

チーム戦の大会でもあれば喜んで出たいのですが....

チームメンバーはナリさん、ZOTAさん、私で....少ないか.....